FC2ブログ
--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017_02
01
(Wed)21:42

1月31日の事♪



  いつもご訪問・拍手 ありがとうございます。



昨日ぐらいから また寒さ厳しくなってきましたね。



さて、今夜の綴りは昨日・1月31日の綴りです。

昨日は仕事休み。

仕事休みの日は、実家の母を整形外科に連れて行く日でもあり、
昨日も午前の診察に母を連れて行きました。



診察がすんだ後、
私にとっても、母にとっても久しぶりの公園に行き、
坊ちゃんと "てくてくルンルン散歩" を楽しんできました(^^♪



それでは写真を添えていきますね^^



石階段を軽快に駆け上る坊ちゃん
IMG_2812_20170201201514e26.jpg



まずは1時間半しっかりと "てくてく散歩" を楽しんだ後に、
自由運動で楽しみます(^^♪



IMG_2826.jpg





IMG_2827.jpg





IMG_2832_20170201201518f70.jpg





IMG_2829.jpg





IMG_2848_201702012017191f6.jpg





IMG_2862.jpg





IMG_2929_20170201201721422.jpg





IMG_2932.jpg





IMG_2936.jpg





IMG_2952_201702012018524e9.jpg





IMG_2953.jpg





IMG_2955_20170201201854b0c.jpg





IMG_2959.jpg





IMG_2962_20170201201857575.jpg





IMG_2896.jpg

母と一緒にこうして散歩を楽しんだのは、
約1か月半ぶりの事だったので、
母と坊ちゃんが 
とっても嬉し楽しそうに遊んでいた姿、微笑ましく、
嬉しい気持ちが込み上げました(^^)v






楽しかった散歩を終えて、
ランチは我が家で食べ、お腹満たされる。



坊ちゃんはというと~

   。



   。



   。
IMG_4486.jpg

坊ちゃんは ばぁ―ばのことも大~好きなのです^m^

可愛がってくれる人・遊んでくれる人の事 ちゃんとわかってるんですよね(*^^)v



そのまましばらく母に寄り添い 坊ちゃんは夢の中へ。。。。。^m^
IMG_4512.jpg



母の右手首骨折ですが、
当初は、
「骨が引っ付くのに1ヶ月ほどはかかるでしょう」
との事だったのですが、
1ヶ月が経った頃に、再度レントゲンを撮り容体を診てもらったら、
思っていた以上に コケた時の状態がひどかったようで、
右手首全体に損傷をおっていて、
先生が
「ん~この状態だと もう一月ほどかかるな~。。。。。」と言われ、
昨日までギブスをはめていました。

で、
昨日で1ヶ月半が経ち、
レントゲンを撮って診てもらったら、ようやく骨が引っ付き始めたとの事でした。

そこで、
一度ギブスを外して 様子をみてみようということで、
昨日キブスをはずし、湿布をしてその上から手首を包帯で巻いた状態でいます。

母本人にしてみれば、
痛みがあるので、ギブスを外すことに不安があったようでしたが、
先生は、
「外してみて 痛みがある・続くようでしたら
またしばらくキブスをはめますので、明日(2月1日)に来てください。

ギブスがとれたので、今夜は久しぶりに入浴することができますから、
手も温めてあげてください。

今までは キブスで手首をしっかりと覆っていましたが、
これからは リハビリが必要となってきますから、
ご自宅でも 無理をされないように少しずつ右手を使っていってくださいね。」
とのこと。



で、
母に昨夜のことを聞くと、
まず、1か月半ぶりに ゆっくりとお風呂に入れたことが、
とっても嬉しく・お風呂に入れるありがたみがすごく心にこみ上げたと言って、
喜んでいました。
そして、
ゆっくりとお風呂に浸かり、右手首も湯船につけて温めたことで、
痛みが和らいだように思う。
とも言っていました。



そして、
今日、実家の父が母を病院に連れて行ってくれたのですが、
容体から、
キブスを再びはめる必要はないようで、
今日からリハビリがスタートとなりました。



ここ1か月半。
大事に大事に右手を守っていただけに、
今日からのリハビリは 
いきなり手首の骨の調整から入ったようで、
母は、
ビックリと・痛さで診察室で悲鳴を上げたそうですが、
ほったらかしにしていると、
後遺症が残り、長年痛みが残るということで、
しばらくは辛いリハビリとなるようですが、
長年痛みを引きずることになると、もっとつらいので、

  「リハビリ。。。頑張ってみるわ。」

と、母がそう言っていました。



私もこの1か月半 毎日仕事を終えてから
実家に夕食を作りに足を運びました。

ギブスがとれても、しばらくは夕食を作りに
引き続き足を運ぼうと思っていたのですが、
母は、
「リハビリ兼て炊事してみるわ。
でも、
もしまだ無理そうやったら、その時はまたあなたにお願いするけど、
その時は、ごめんね。。。」と
申し訳なさそうに母が言うので、
私は、
「私は全然OKやし、その時は遠慮なしにいつでもSOS送ってきてよ。
こちらはいつでも行くことができるようにしておくから♪」というと、
母は、
「あなたが近くに居てくれて、ホンマに良かった~。」
と、安堵の表情を浮かべていましたが、
娘としては当然のことだし、
これからはもっと甘えてくれたらいいんよ、お母さん^^



とりあえずギブスがとれてよかった~。。。






  おしまい^^






では。。。またね


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。