FC2ブログ
2016_05
15
(Sun)13:24

5月11日~14日までの綴り。

  いつもご訪問・拍手 ありがとうございます。



先週からブログ更新をひかえさせてもらっている中、
ご訪問・拍手を残してくださる方々、
また、
拍手欄よりコメントをくださった方々、

 ありがとうございますm(__)m



報告がてら、先週の写真を載せつつ、
残させていただきます。



5月11日 
 父が心臓のカテーテル検査で入院

と同時に、
Ryanの半日お留守番がスタート

お留守番の時は 
必ずと言っていいほど静かに送り出してくれます。

 IMG_2383_20160515131018b38.jpg



 IMG_2384.jpg


そして私は家を出て、両親を迎えに行く。


実家に着き、玄関前を見ると
いくつかのクレマチスの中の一つが たくさん花開いてくれていましたよ

 IMG_2395.jpg



 IMG_2394_20160515131020af8.jpg



そして、
両親を車に乗せて 病院へ。

 IMG_2254.jpg

とりあえず 心臓のカテーテル検査で入院。

血液検査や心電図などの検査が終わった後、
受付のお姉さんと共に病棟へ。

看護師さんからの説明が一通り終わると、
内科の担当の先生からの説明を聞く。

検査は、12日の13時半から。

説明が終わり、
病室で落ち着いたころ、
母と私は 
病院を後にし、とりあえず 一度私の家に帰る。

そして、
お留守番の時の いつものお出迎え。

尻尾フリフリの、びょんぴょんとジャンプをしながら
迎えてくれるのです^^

 IMG_2403.jpg

母も一緒だったので
Ryanの喜びは上向き上々



私の家でイップクした後、
Ryanと一緒に 母を家まで送り
家の周辺でお散歩する。

ふと空雲を見たら、
↑の雲と ↓の雲との間の雲が 魚に見えたので
思わずカメラに収める。

 IMG_2256.jpg

あはは、ただそれだけのこと^^;
でも、
魚に見えなくもないよね^^



******************************



5月12日 
 心臓のカテーテル検査

検査は昼からなので、
午前中は Ryanと母と一緒に朝の散歩をし、
私の家で昼食を食べて 12時過ぎに父のもとに行く。



朝の散歩の時に撮影したもの

 IMG_2405.jpg



 IMG_2406_20160515131105352.jpg



 IMG_2409_20160515131107e90.jpg



ハマナシ

 IMG_2414.jpg



12時半過ぎに父のもとにつくと、
父は看護師さんから手渡された手術服に着替え、
ベットに横になっていた。

右手からは 点滴中。



13時半になると
担当看護師さんが迎えに来られて、
一緒に1Fまで下り、
検査室に入っていく父を見送る。



検査だけで済めば、30分ほどで終わる。


しかし、


再び手術が必要となれば 2時間。。。



待合室で待つ母と二人して、
「検査だけで 終わればいいのにね~」と話ながら
看護師さんからの連絡を待つ。



ちょうど30分ほどが経った頃でしょうか。
担当看護師さんが待合室で待つ私たちのもとに来られ、
「終わりましたよ。
30分ほどでしたから 検査のみで終わったことと思います。
良かったですね^^」と、
看護師さんと一緒に 父の病室に戻ると 
父は少し前に病室に帰っていました。

父と目が合うと、
父も安堵の表情を浮かべていました。



しばらくして
担当の先生からの説明がありました。

「今回で検査は3回目となりますが、
半年前のカテーテル検査の時に、
薬付のカプセルを血管に入れたことにより、
その効果の期待はしてはいましたが、
今回 3回目の検査では その効果が見られ、
手術をしなくて済みましたよ。

これからまたしばらくは飲み薬は飲んでいただき、
定期的な診察は続けますが、
診察でよほどのことがないかぎり、
もう~カテーテル検査をすることはないので、
一応、心臓の方は終わりです^^」
との説明がありました。

父はもちろんのこと、
母も私も 胸をなでおろし ほっとしました^^



父の「心臓の血管が細くなっている」
と、
医者から言われたのは、
昨年の5月。



胃癌が見つかったのも昨年の5月でした。
外来の担当の先生が受け持つ患者さんが多かったため、
胃癌手術は1ヶ月先延ばしになってしまったけど、
更に詳しい検査をしていくうちに、
心臓のもっとも太い3つの血管のうちの一本の血管が
細くなっていることがわかり、
胃癌摘出手術よりも、
まずは 心臓カテーテルの手術が大優先となりましたが、
胃癌摘出手術もひかえているため、
早急に心臓のカテーテル手術をし、
薬付き無しのカプセルを心臓の血管に使用となりました。



心臓カテーテルの手術をした場合、
半年ごとのカテーテル検査があるとのことで、
今から半年前に
2回目の心臓カテーテルの検査をしましたが、
1回目の時に
胃癌摘出手術がひかえていることから
薬付き無のカプセルを使用していたので、
2回目は、
薬付きのカプセルを使用。
そして、
あれから半年後の今回、
薬付きカプセルを使用していたことで 効果が見られ、
手術をしなくて済んだということです。


ということで、
父は5月13日に 一時退院となりました。



心臓は ひとまず安心となりましたが、
もう一つ。。。
大きな心配が。。。。。



来月・6月18日で
胃癌摘出手術から一年が経つのですが、
今週の月・水曜日に 外来で詳しい検査があります。

半年前の検査では、
癌の転移は見られなかったのですが、
あれから半年、
来月・6月18日で1年が経つので 癌が転移していないかの検査。



それと。。。


これは、今から2ヶ月前の事なのですが、
父がいつものように夕食を食べている時に、
ふと腹部あたりに ポコンと膨らみがあることに気付いたそうです。
ちょうど、
外来の診察がひかえていたので
その時に レントゲンで診てもらうと、
粘膜が薄くなっていて、腸が少し飛び出してきているような感じ。。。

私は直接 先生からの説明を聞いたわけではないので、
詳しいことは 今週の金曜日にならないと
綴ることは出来ないんだけど、

とにかく
父・母から聞いた話では、
「無理をすれば粘膜が破れ、腸が飛び出し、
そのまま、
ほおっておくと そこから腐りはじめ、
最終的には腸を全部摘出しなくてはいけないほどの
大がかりなことになってしまうので、
とりあえず日常生活では無理をしないで、
サラシや腹部ベルトを巻いて、今以上に飛び出してこないように
押さえておいてください。」
との事なんだと、説明してくれた。

なんでも、
胃癌摘出手術をされた方の中には
何人かに一人は このようなことを引き起こしてしまう方がいるとのこと。。。

  そんな~(ノ_<)。。。。。


あれから2ヶ月が経っているわけですが、
「わかった時点で どうして手術とならなかったの?」と聞くと、
いくつか訳・理由があり、

「一つは、
まずは心臓のカテーテル検査を優先したほうがいい事。

そして、
二つ目は、外来の担当の先生が3月いっぱいまでで、
4月から他の病院での勤務とのことに。。。。。

両親。。。 え゛っΣ(゚□゚(゚□゚*)


なので、
4月からの先生に引き継いでもらうことになります。
もし・もし、
少しでも痛みを感じるようなら
すぐに病院に電話をしてきてください。
なので、
痛みなどが無ければ、
しっかりと腹部ベルトで押さえておいて、
日常生活ご無理をされないように過ごしておいてください」
とのこと。。。。。



「幸い」と言っていいものなのかわからないけど、
父に尋ねると、
「痛みは無い」との事なので、
今日に至るわけですが、

やっと・やっと、今週の月・水に詳しい検査をしてもらえる。
そして、金曜日に
引継ぎとなった先生と初ご対面となります。



心臓担当の先生から聞いた話だと、
「これから○○さんがお世話になる先生は、
ボクが大学時代の大先輩にあたる方で、
ここの病院にも 今までに何回か 来られている先生ですよ。
経験も豊富ですし、
ベテランの先生ですから 
そんなに心配なさらずに。」と話してくださいましたが、

いくら経験を積んでいても、
ベテランと言われても。。。。。。不安。

でも、医師を信じるしかない。

入院するのは嫌になってきている父
弱気にもなってきている父。。。。。

家族がしっかりと支え・元気づけないとね。


と、
ここまで長々と綴らせてもらいましたが
13日の金曜日に 父は一時退院しました。



5月14日

パートナーさんが仕事から早く帰宅したので
家の周囲・駐車場・和庭の雑草刈を二人でする。


私は主に和庭担当。

まずはビフォー。
あんまりにも草が生えているので
お見苦しく思い、網戸からの撮影^^;

 IMG_2426.jpg



アフター
 
 IMG_2429.jpg



家の東側に咲いている シャクナゲ

 IMG_2432_20160515131219cc0.jpg



 IMG_2422.jpg



 IMG_2420_20160515131222111.jpg

今年も綺麗に花開いてくれました(^^♪




今週の金曜日に
父の今後・入院日等がきまっると思うので、
このまま引き続きコメントお休みしますね。



長文最後まで目を通してくださり ありがとうございました。



スポンサーサイト