FC2ブログ
2016_01
19
(Tue)19:54

今年最初の海へ♪ (その2)

   いつもご訪問・拍手 ありがとうございます

今週に入り寒さがさらに強まり、雪によるニュースを耳にしますが、
こちらも今朝目覚め外を見たら、
2センチほどの雪が降り積もっていました。

毎年2~3回ほどは 雪が舞い降りますが、
年々 雪が降り積もることは見られなくなっていたので、
たとえ数センチでも雪が降り積もると
心はすぐさま子供心が蘇りくすぶります
と、このまま綴り続けたいところですが、
今日の事は明日にして、

「今年最初の海へ♪・その2」を綴られせていただきますね♪






「魚見台」からの景色を眺め終えた後、
時間的にも あと2ヵ所程は楽しめるとの事なので
次に連れて行ってもらったところは、

 鳥取砂丘

砂丘会館から歩いていくこともできますが、
私達は、
砂丘センターPに車を止めて、
展望台にある「リフト」に乗り、鳥取砂丘に行くことにしました。



ブログで仲良くさせてもらっているお友達(オーナー)さんが
訪れた観光地で、
愛犬ちゃんを抱っこして、リフトに座っている写真を目にしたことを
ずっと覚えていた私。

パートナーさんに その事を話し、
「きっとRyanをしっかりと抱っこしていれば
リフトに乗れるって♪」というと、
パートナーさんがすぐさま係りのお兄さんに聞いてくれて、
お兄さんはこころよく、
「はい、しっかりワンちゃんが落ちないように
抱きかかえてくれていれば、大丈夫ですよ(^_^)」
と、言ってくださったので、
私達は"初リフト"トライに成功することができました
IMG_0231.jpg


パートナーさんがしっかりとRyanを抱きかかえてくれます。
Ryanを見ると、
全然平気で、むしろ風景を楽しんでいるようでした
IMG_0226.jpg


たぶん、5分もかからなかったと思いますが、
無事に到着しました♪
IMG_6015_20160119184603ee7.jpg


パートナーさんとRyanは はじめての鳥取砂丘に足をのせて
歩き出します
IMG_6014.jpg



鳥取砂丘と言えば~「ラクダ」ちゃん^^
IMG_6016.jpg

IMG_6017.jpg



私が撮影を楽しんでいる間に
と―ちゃんとRyanは 
どんどんどんどん砂漠を下っていき、先を目指します

一方私は、
戻ってくる自信がなかったのでこの場にとどまり
2人を見守りつつ、撮影を楽しみます



ふと目線を下に落とすと ポールが立っていました。
IMG_0242.jpg
このポールの前に立ち、撮影を続行



と―ちゃんもRyanも砂漠の天辺・海を目指して
砂漠をひたすらに歩いていく。
IMG_6018.jpg



私は子供の頃、
夏休みの家族キャンプの帰りに、
鳥取砂丘に来たことがあるのですが、
その時は夏ということもあり、天気も晴天で
砂漠の砂はとても"サラサラ"でした。
そのため、
歩いても歩いても靴が滑って、
砂に足がとられてしまい、なかなか前に進まない記憶が
今なお覚えているのですが、
時を経て訪れたときは、
砂漠は しめった状態でしたが、
それでも海の砂浜に比べたら やっぱり砂漠の砂は足をとられます
IMG_6021_20160119200017c6c.jpg



IMG_0240.jpg




IMG_6022.jpg


あっ、二人を発見
こちらに向かってます
IMG_6020.jpg


しばらく歩み続け Ryanが私に気づき、
ダッシュで私のもとに駆け寄ってきました
IMG_6024.jpg



IMG_6025.jpg



IMG_6028.jpg



IMG_6029.jpg



IMG_6032.jpg



IMG_6034.jpg



IMG_6035.jpg



IMG_6038.jpg



「ママしゃん ただいまでしゅ
IMG_6040_2016011919484410c.jpg
「おかえり―Ryan






パートナーさんに、
てっぺんからの見晴らしはどうだったのか聞いてみたら、
「海が広がっているけど
海側にも砂漠が急降下になっていて、
Ryanは それを駆け下りようとした。 
駆け下りたら、絶対に駆け上がってこられないから
すぐさま引き返したよ。。。(~_~;)汗」

あらまっ、
Ryanはどこまで元気で、
どこまで好奇心大せいなのかしらね^m^

そんなことを二人で話しながら
最終のリフトの時間がせまってきたので、
鳥取砂丘を後にしてリフト場へ。



あっ、いちばん大きなラクダが立ってくれていました。
二つのコブがとっても立派です
IMG_6047.jpg


帰りのリフトもRyanは良い仔で
パートナーさんに抱かれていました(^^)v
IMG_6049_201601191949323fe.jpg




IMG_6053.jpg
そうそう、
帰りのリフトの中間地点で
カメラマンのお兄さんが待ち構えていますよ。

私達もバッチリと記念写真を撮ってもらいました。
こちらには載せていませんが
Ryanも良い表情で ばっちりカメラ目線で、
鳥取砂丘でも 良い思い出を残すことができました(*^^)v






そして再び車は次の目的場所に向かいます。



そう言えば、
目の前にバンっと広がる海・光景はもちろん大好きなのですが、
川から海に繋がる光景も好きなんです

うまく表現は出来ないけど
目にした時は ワクワク感と感動がこみ上げてくるんですよね^^
IMG_6067.jpg



IMG_6068.jpg






そして、
最後の目的地に着いた時には
すでに17時を過ぎていましたが、
数年ぶりに余部鉄橋場所に訪れました。
IMG_0271_2016011919510505c.jpg


しかし もう~あのすばらしい余部鉄橋の姿は見ることは出来ません
IMG_0281.jpg



IMG_0275.jpg


撤去された一部が展示されています
IMG_0274.jpg



IMG_0273.jpg



IMG_0278.jpg



IMG_0272_20160119195236b86.jpg
この姿を見ることは もう~できませんが
数回でも、この姿を目にできたこと。。。嬉しく思います。






気が付けば、
だんだんと薄暗くなってきたので
今回の旅を終えることにし、家路に向かいました。






鳥取県の旅。。。ありがと~

パートナーさん& Ryan ありがと~(*´∀`人 ♪

IMG_6075.jpg






我が家に着いたのは、夜の20時前でした。

ひと息ついたところで、
砂浜&砂漠を 思い存分に駆け回ったRyanの体をキレイにシャンプー。



しっかりと身体を乾かし、
また部屋の中も暖房で気持ちよく温まる中、
ふとRyanに目を向けると~。。。。。








あおむけ姿で大爆睡^m^
IMG_0299.jpg



今回の旅は初体験もあり、
今回も楽しい思い出がたくさんできました.゚+.(・∀・)゚+.



これにて楽しかった思い出の綴りは終わりです。


2回にわたり 最後まで目を通してくださり ありがとうございました



それでは
まだしばらくは寒波が続くようなので
風邪などひかれないように どなたさまも気をつけてお過ごしくださいね。




では。。。またね


スポンサーサイト