FC2ブログ
2015_09
26
(Sat)13:46

心の想い


   いつもご訪問・拍手 ありがとうございます



今日のこちらの天気は 曇ったり晴れたり。



今朝、里の母から電話があり、
両親ともに「万歩計」が欲しいらしくて、
買い物に連れて行ってと言うことで、
午前中、
Ryanを車に乗せて、里の周辺でお散歩

散歩を終えるころ、母がもう~車の近くまで来ていたので、
母を車に乗せて、買い物へ。

お目当ての「万歩計」をカゴの中に入れて、
食材の買い物。

1時間ほどで買い物を終え、
母を家に送りとどけると、
母が 「ちょっと待っててよ」と引きとめたので、
玄関先で待っていると、
母は、
紙袋を手にして 中から ふわふわふかふかのマフラーを手にして、
私に見せてくれた。

見せてもらった毛色は、
数週間前に 
母が、「手芸屋さんに寄ってほしい」というので
連れて行ったときに、
「お父さんも、以前とは生活のスタイルが変わり、
家に居ることが多くなったから、
私も合間に、
昔を思い出して、編み物でもしようと思ってね~」と。

その時に、
母が「どの色がいいと思う~。。。」と毛糸の色に悩んでいたので、
[お母さんの好きな色でいいんじゃないの。
せっかくだから お母さんの好きな色で自分のマフラーを編めばいいじゃない
といって、
選んだ毛糸色が紫だったので、
編みあがって 完成したマフラーを見せてもらい、
手に持たせてもらうと、
とっても軽くて、"ふっかふかぁ~もっこもこ"のマフラーに、
「お母さん、とっても良いのが編みあがったじゃないの~」と、
声をかけると、
母が、
「あなたには今回 お父さんの事で本当によくしてもらったし、
退院してからも、
近くに住んでくれていることから、
夕食も作りに来てくれて、本当にお父さんも私も感謝しているの。
だから、
これは 私からのお礼の気持ちよ。
こんなことしかしてあげられないけど、受け取ってくれる!?。。。」と、
私のために、
編んでくれていたマフラーだったのです。



母からいただいたマフラーです
IMG_8489.jpg



母はとても手先が器用で、
私が子供の頃は、
私や妹の服や小物・お人形さんなどをよく作ってくれて、
毛糸で帽子や手袋なども よく編んでくれていました。



今回、
母の手編みのマフラーをいただいたのは、
もう~子供の頃以来だったので、
胸いっぱいに、
懐かしさと、母の心の温もりが伝わり、胸がいっぱいになりました。



私がしていることは
子として当然のことです。
私もパートナーさんのご両親と同居をして、
お世話もさせてもらったから、
その大変さも十分にわかっているから、
父の看病・父の世話、父を案じる母の体も心配になる。
だから、
私にできる事は これからもさせてほしい。



そして私の願い・祈りは、
両親がこれから先も健康でいてくれること。



母にも 父にもそれらしいことは言葉にして伝えてきてるけど、
9人という大家族の中で、
5人の子供をしっかりと育ててくれて、
私達が知るよしもない大変な苦労もあったと思う
だから、
これからは父と二人で ホンマ。。。ゆっくりと歩んでほしいのよね~

父の身体は、
これからも 用心が必要で、
定期的に診察を受けなくてはいけないけど、
今では、
すっかり元の食生活に戻ることもでき、
無理をしないように気を付けて、
庭の手入れや、畑仕事も
ぼちぼちとできるようにまで回復してきているから、
ホント、
父も母も自身の身体を大事にして、
自分たちのために ゆっくりと歩んでいってほしいのよね。

母の手編みのマフラーを目にして、
なんだか 改めてさまざま想いが溢れました。

       

  お母さん、ありがと~
              大切に使わせてもらうね








と、
キーボード―を叩きながら ふとRyanを見たら、

はぁ~退屈でしょね~
ちゅまらないでしゅね~
mamaしゃん早く遊んでくれないでしゅかね~。。。。。と
いう声が聞こえてきそうな表情をしていましたよ
IMG_8469.jpg





 おしまい^^





では。。。またね
スポンサーサイト