FC2ブログ
2015_09
11
(Fri)16:10

先代、Robinのやさしさ。。。

   いつもご訪問・拍手 ありがとうございます。





今から綴らせてもらうことは 
今朝、私の心に感じたことを、
ちゃんと残しておこうと思い、綴らせてもらいます。


今日は早朝 5時起き。
5時半にパートナーさんが出勤するので、
朝の支度をしていました。

私は とくに変わりなく、いつものように支度をしていたら、
誰かに"ツン・ツン"と、
背中を突かれたような気がした。
と同時に、
爽やかに軽やかに、
   「お散歩に行こっ♪」と言われたような気がして、
私はなんのためらいもなく、支度をしながら、
   「うん、お散歩に行こっかぁ♪」と心の中で、
いや、
声に出して応えている自分がいました。

あれ?っと 我に戻り、
パートナーさんが言ったのかな~!?と思い
顔をあげても誰もいない。
それに パートナーさんはこれから仕事だし。。。
そして、
心に過ったのが、
12年間 私たちのすぐ側で歩みをともにしてくれていた
ボルゾイのRobinのことでした。
IMG_7985.jpg

Robinが、
「ボクは もう~大丈夫だから、mama心配しないで。
これからは
Ryanにも早朝からの散歩をいっぱい楽しませてあげて。
ボクを楽しませてくれていたようにね」と、
言葉をかけてくれたような。。。
本当にどう説明していいのか上手く説明できないのがもどかしく思うけど、
私は、Robinのやさしさに触れられたような気がしたのです。



Robinは 
来月の11日、一周忌を迎えます。
今日は、
9月11日 Robinの月命日で11ヶ月を迎えました。


いまでは、
Ryanが私達のすぐ側に居てくれて、
生活を共にして、10ヶ月と1週間が経っている。
Robinと同じくらいに愛おしいRyanがすぐ側に居てくれている。

居てくれているのに、
心はやはりどこかRobinに会いたい・触れたい・
思いっきり抱きしめたいと思う時があり、
昨日までの私は、
心"シャン"としない私だったのです。。。。。。。

だからRobinはみかねて、
一周忌を前に 
私に伝えに来てくれたのかな~。。。とも
思ったの。

それともう一つRobinのやさしさを感じられたのは、
Robinが虹の橋を渡ってから、
パートナーさんも 私も
朝と夕に手を合わせています。
そして、
私は月命日には お経を読むのですが、
Ryanが物心ついたころからでしょうか、
朝、
私が手を合わせる時だけ、
Ryanは私の足元の周辺にお座り または伏せをし、
私が手を合わせ終えるまで、
月命日の時は、お経を終えるまでの間、
ただ静かにおとなしく待ってくれているのです。
見上げて ずっと私の顔を見ているのです。

そして、
手を合わせて、Robinに、
「Robin、いつもありがとうね~。
今日も とーちゃんの身体をしっかりと守ってあげてね。
小さなRyanも元気に過ごせるように守ってあげてね。
そして、
今日もRobin、大らかで元気に過ごしていてね。
私達は、
Robinが幸せで過ごしてくれていることを信じ、
いつも祈っているからね~。」と言葉をかけます。

そして、
Robinとよく訪れたエメラルドグリーン色をした池の色をした、
オリジナルケースの蓋を開けて、
納めているRobinの毛をやさしく撫でてあげるんです。
そのあと、
まるで一緒にお祈りしてくれているかのようなRyanに
ケースを差し出して、
お兄ちゃんの香りを嗅がせてあげるんです。
するとRyanは、
イタズラすることなく、
そっと静かにお兄ちゃんの香りを嗅いで、
嗅ぎ終わると、
顔をあげて、尻尾を緩やかに揺らしながら 
柔らかい表情で私の顔を見るんです。
そんなRyanがいじらしくて・愛らしくて・愛らしくて。。。。。
しかたありません。

だからRobinは、
そんな愛らしいRyanであることも知り、
Ryanのこともちゃんと守ってくれているから、
今朝 Robinは
私にメッセージを届けに来てくれたんじゃないかと、
思えて仕方ありませんでした。

そして、
私は もう~「大丈夫」と きちんと言えるように思います。
大切に想う方々に ちゃんと そう言えるように思います。

Robin、
mamaも もう~大丈夫だよ。
それは、
目には見えなくても、
Robinをすぐ側に感じられたからよ。
だから、
Robinも もう~心配しないで 安心してね。
そして
これからも 私たちの事を守っていてね。


一周忌を前に、
会いに来てくれて、本当に ありがと~Robin



ここまで目を通してくださったみなさま、
ありがとうございます。

信じがたいと思われる方々はいらっしゃるかと思いますが、
生きてくれた年月関係なく、
動物を家族に迎えると、
もう~迎えたその日から 大切な家族の一員ですよね。
大切な家族・子供のように可愛がっていた仔であれば、
今朝のようなことが起きても、
不思議なことではないのですよね。


今朝、
Robinに手を合わせる時、
最後にケースを開けて、毛を撫でて、
そっと香を嗅いだとき、
いつもは、さほどRobinの香りはしないのに、
今朝 嗅いだときは、
Robinの柔らかく やさしい香りがしっかりとしたので、
私は、今朝の事を信じます。
そして、Robinの幸せを祈り・感謝します。


最後まで 目を通してくださりありがとうございましたm(__)m
中には
戸惑いを感じられる方もいらっしゃるかもしれませんが、
この場に 残させてもらいます。


ありがとうございましたm(__)m


今朝は、
もう~以前の私に戻れたように思え、
パートナーさんを送りだした後、
朝の6時過ぎから
Robinとよく訪れた公園にRyanを連れて行き、
たっぷりと時間をかけて、散歩をしてきたので、
今夜中にもう一通、ブログを更新しますね。

どうぞ、
そちらをお楽しみください^^

それでは、のちほど。

スポンサーサイト