FC2ブログ
2015_06
30
(Tue)07:57

早!? それとも・・・まだ!???

いつも ご訪問・拍手 ありがとうございます



ここ4日ほど 晴れの日が続いていたけど
今夜から天気が崩れ 雨曜日が2・3日続きそう






さて、
今日は ライアンの記事ですよ^^



それはね、
今日でライアンは 8ヶ月を迎えたからです
IMG_5148.jpg


7ヶ月を迎えたときは 記事を載せられなかったからな~・・・
ごめんよ~



さてさて、



どれどれ~体重は増えてるかな~ 
IMG_5135.jpg






ジャン
IMG_5126.jpg
お~ 5.7㎏
増えてたね~ライアン



いや~しばらく「5.3㎏」が続いていたので、
ライアンは これで落ち着いたかな!???と思っていたのだけれど、
8ヶ月を迎えて 体重は「5.7㎏」と少し増えてた

これだと
第一の目標体重「6㎏」も叶えられそうだわ





IMG_5138.jpg
mamaしゃん~、
撮影は もう~それぐらいにしてくだしゃい~
ボクはこれから 大好きな噛み噛み棒タイムにはいるでしゅよ 

はいはい mamaにつきあってくれて サンキュ





ん~。。。。。。「早 8ヶ月」
いや~。。。。。「まだ 8ヶ月」。。。。。。。



ん~ どっちの言葉がふさわしいだろう~。。。。。。。。。

どちらとも あてはまるのかな。。。



でも、
8ヵ月間を 共に一緒に歩んできたんだよねライアン

ライアンとの家族の時間は とっても大切な時間で 歩み。

8ヵ月間 健やかに・すくすくと育ってくれて ライアン ありがと~



明日からの歩みも 家族と共に ゆ~くりと歩んでいこうね

   よろしく   


スポンサーサイト



2015_06
24
(Wed)12:00

焦らずに ゆっくりと。

   いつもご訪問・拍手 ありがとうございます



今日も朝からよく晴れています。
風も心地よく吹いているので、
我が家族の洗濯物、
そして、
父のパジャマが気持ちよく風になびいてる・なびいてる。
今日も気持ちよく乾くな



さて、
昨日から5日ぶりに食事を口にすることができた父。

昨日は朝食の時間から母は父に付き添い、
夕食の時間まで 母は父に付き添っていました。
でも、
昼過ぎに私が顔を出すと、
またまた父からのお願いで、
今度は家の畑の野菜たちが気になったようで、
まだ小さなポットに植わっている胡瓜の葉の成長や、
他の野菜たちの育ち具合が知りたいと言うことで
またまた 父の愛用カメラを手に、
母を連れて一度 実家に帰ったのよ。

母もずぅ~っと父に付き添っていたら
母の身体も疲れるので、
父のその日の体調具合を窺いながら
母にも気分転換をしてもらっています。



と、話が逸れたけど^^;
で、
担当医師から、「23日の朝から食事をとっていいですからね」と
許可をいただいた後に、
担当の看護師さんから食べる時の注意点や予防法の説明を受けました。

それは、
食べ方によっては、
胃の手術後の合併症がおこる可能性があるからなのです。

合併症は、

*小胃症状
*早期ダンピング症状
*後期ダンピング症状
*逆流性食道炎
*胃閉塞
*貧血。。。。。。。。。。。。。。です。
その症状と予防法のお話をしていただきました。

また、
退院が決まれば、
その時にも、栄養士さんから詳しいお話、
指導を受けることになっています。


まずは
「おもゆ」からのスタート。

たとえ、
「おもゆ」でも、
とろみのついたお味噌汁・スープでも、
牛乳でも
ヨーグルト・プリンでも、
すべて、
一口 口に入れるたびに、10回~20回噛んでから喉に通します。
なので、
1食分、最低でも30分間かけて、
しっかり噛んで ゆっくり・ゆっくり食べます。
そして、
決して無理をして食べない事。
満腹だと感じたら 手を止めて休ませます。

なので、
胃の手術をした人は、
3食を6回に分けて食べることになります
が。。。
父は 昨日の3食は3回で食べちゃいましたけどね^^;

まぁ 今はまだ量も少ないですし、
「おもゆ」や とろみをつけたスープ・牛乳といったお汁系ですからね。

それでも父は、
ちゃんと口の中で噛んで、
時計と にらめっこしながら 食べてくれています。

そして、
30分間かけて食べ終えた後は、
30分間座ったままの姿勢でいることが大事。
その30分間が
手術あとの痛みもあり・圧迫感もあり、少々辛く・苦しいのですが、
父はまたまた時計と にらめっこしながら、
時おりテレビに目を向けて、気をまぎらわせながら、
30分間、ベットや、
時としてベットから移動して、
ソファーの上に腰掛けて上半身を起こしてくれています。



父の表情は笑顔が少なく、
どちらかと言えば 
こわばった・引き締まった表情をしている時がよく見られ、
思うように体を動かすことができない、
思うように体がいうことをきいてくれない
体の衰えに、
口には出さないだけに その歯がゆさ・苛立ちが正直伝わってきます。

でも、
父は回復に合わせながら Fightしてくれています

食事の面では
本当に始まったばかりで、
「おもゆ」から「5ぶがゆ」へのステップへは
まだ先の事ですが、

このまま今の調子で 焦らずにゆっくりと進んでほしい。

今をしっかり、
ひとつ・ひとつをクリアしていけば、
また以前のように歩むことができるはず。
第3の人生を楽しめることができるはずだよ お父さん。

見守ることしかできないけど、
すぐ側に居るからね。
遠慮なく なんでも言葉にしていいからねp^^q



そして、
しばらくの間は
父の事がメインのブログ内容になるかと思いますが
ブログに目を通してくださっている方々の中には、
父の事まで気にかけてくださり、心配してコメントをくださる方々、
そして、
少しずつ回復に向かうたびに一緒になって喜んでくださる方々、
そっと見守ってくださっている方々が いてくださっている事に、
嬉しく思い、感謝しております。

  本当に ありがとうございますm(__)m

どうか
目を通してくださっている方々も
ご自身のお身体も十分に気を付けて、
健康でお元気で日々を過ごしていってくださいね。
お願いいたしますm(__)m&(^_^)





それでは

昨日・今日の愛しのライアンです


昨日のライアン

朝の散歩を終えて、
側に私がいるので 安心して仮眠をするライアン
IMG_5003.jpg






昨日の午後のひと時

美味すぎて やめらんなーい
IMG_5036.jpg






今日のライアン

朝の散歩を終えて まった~りするライアン
IMG_5061.jpg





まだどこか あどけなさはあるものの
ん~オトコマエやんかぁ
IMG_5060.jpg
プププぅ 親バカ大いに発揮するあたしだよ~ん





最後まで 目を通してくださり ありがとうございました。




では。。。またね






2015_06
22
(Mon)20:39

昨夜。


   いつも ご訪問・拍手 ありがとうございます



今朝、ライアンを連れて母を迎えに行きました。
でも~
その前に、
ライアンと朝の散歩を楽しむ

散歩を終えて家に行くと、
両親が育てているゴーヤに、一つ・二つと花が咲き始めていた
IMG_4974.jpg

母のガーデニングスペースにもジャックラッセルの置物が置いてあります
IMG_4980.jpg



IMG_4979.jpg



母を車に乗せて 
とりあえず母を病院でおろし、
私は一度我が家に帰宅してライアンをおろし、
家の事を少ししてから 
ライアンはお留守番をしてもらって私は病院に向かう。

病室に入り、
父の顔を見て「おはよう」と声をかけると、
鼻にさしこんでいた酸素ボンベの管が抜けていて、
父の表情が晴々しているように見えた。

そして父に、
「どう、ガスは出た!???」と聞くと、
父は、
「うん、昨夜遅くにやっとガスが出てな、やれやれやわ。
で、
今朝、水を飲んでもいい許可がおりたわ。」との嬉しい報告を聞くことができた

     お父さん よかったね



昨日も顔色が優れず、辛そうにしていたので案じていただけに、
やっとガスが出て、
水が口から飲めるようになって ホンマによかった~。。。。。



そして、
今日も両足のマッサージをしてあげていると、
看護師さんが父の様子を窺いに部屋に入ってこられて
看護師さんが父に容体を伺うと
やはりお腹に痛みが走るので、痛み止めの点滴をしてもらう。
で、
看護師さんが父に、
「痛みが引いてきたら、
ぼちぼちと歩く練習をしましょうか」と声を掛けられていました。
父も、
「そうですね、頑張らないとね。」と言葉をかやしていました。



お昼過ぎまで母と二人で父の側に居ると、
父が母に、
「花壇に花が植わっているかカメラで撮影してきてくれるか
それと、
紫陽花も咲いているか見てってくれるか」と。

父は、
ボランティア活動で、
住んでいる町のいくつかの場所で
仲間と共に季節ごとに花の苗を植えて街をきれいに、
人々の目を楽しませる活動をしていたのですが、
今回は花の苗は手配は出来たものの、
今回は仲間と共に花の苗を植えに行くことができなかったので、
今現在の姿が見たくなったのですね。
なので
母はいくつかの場所をすべてを知っているので
病院を後にして、
昼食を済ませた後、
ライアンを車に乗せて母の案内のもと
花壇に植わっている花たちを撮影しに回り、
そして、
もう~10年近くなるでしょうか!?
父たちが植えた紫陽花通りの紫陽花を最後に見にいくと、
紫陽花もキレイに色づきイキイキとした姿を見せてくれました。
こちらは
私も愛用カメラを持ってきていたので、
数枚撮影しましたよ。
その中の一枚が こちらです
IMG_4988_2015062219144705b.jpg

でね、
色とりどりのアジサイが咲いている中、
ハート型の紫陽花を見つけてしまいました

どう この紫陽花。。。ハート型をしていませんか!?
IMG_4985.jpg
午前中は
父から嬉しい報告を聞くことができたこともあり、
ハート型の紫陽花を母と二人して目にしながら 
口角がグイーッとあがりましたよ。



父から頼まれていた撮影を終えて、
夕方ごろに父の元に戻り、画像を見てもらっていると
看護師さんが入ってこられ、
担当医師の許可がおりれば、明日から朝食・おもゆが食べられるのですが、
父の場合は胃を三分の二を摘出しているので、
食べられるようになったら 食べ方の練習が始まるので、
注意点と説明を受けました。

上手に食べられるようになるまでは 看護師さんが側についてくださるそうですが、
母も食事時は 付き添うと言っていました。



そうそう、
母と私が撮影しにいってる間に、
父は痛め止めの点滴が効き始めていたのか、
起き上がって、部屋内を少し歩いたと言っていました。

お腹に力が入ると やはり痛みは走るけど、
4日ぶりに自分の足で立ち上がり、少し歩けるまでに
回復してきたことに父の顔は笑顔でした



父の笑顔を見ることができたのも4日ぶり。
少しずつ・少しずつ前に進めてるね。

明日からも無理をしないで、
回復に合わせて歩みを進めていこうね。



IMG_4984.jpg


2015_06
22
(Mon)08:17

父の日に

    いつもご訪問・拍手 ありがとうございます



今日は朝からよく晴れて、暑い一日となりそうです



昨日は「父の日」

10時半過ぎに花かごを持ってパートナーさんと
父のもとに行くと、
すでに、
兄が母を連れて父のもとに来てくれていました。
IMG_4934.jpg

三重県に住んでいる兄は
土曜日、
仕事を終えてから用事で京都に訪れ、
用事が済んだ後、
そのまま車を走らせ里に寄り、
母を乗せて、父に会いに来てくれたのです。

父は18日以降、
まだガスが出ないので、
水すら飲んではいけない状態で点滴のみ。

当然痛みもありますから、
数時間おきに、痛め止めの注射を打ってもらっています。

手術から今日で4日が経ちます。
一日・一日と 少しずつ元気を取り戻してきていますが
ガスが出ないことで
水分を口にすることができないのと、
やはり痛みがありますから 精神的につらいのが見えて窺えます。

でも、
寝たままでも足を動かしたり、
一日一回はベットを起こして、上半身を起こせるまでになっています。

寝たっきりだと、
体の中で血の固まりができてしまう恐れがあるので、
痛みをこらえながらも無理をしない程度に上半身を起こすようにしています。

足もこまめに動かしていますが
昨日は、
兄と二人で父の足をマッサージをしました。

上半身に比べて
すっかり足は細くなってしまっていて、
ふくらはぎも 筋肉がすっかり落ちてしまっていました。

でも、
長男が来てくれたことで、
父は嬉しかったことと思います。

2人は趣味がとっても合い、
父が元気な時は、
年に1・2回は、二人してスキーを楽しんだり、
2人して山登りを楽しんでいましたから。
なので、
これから先、
父が元の生活に戻れたとき、
体も回復して元気になったら、
無理をしない程度に、
また兄と同じ趣味を楽しむことができたらいいのにな~。。。と
思いました。

とにかく今は 早くガスが出てほしいですね。



パートナーさんと私は、
1時間ほどで病院を後にしたのですが、
15時過ぎに、
兄と母が私たちの家に寄ってくれました。

兄がライアンに会いに来てくれたのです。

兄とライアンが会うのは 3回目。

ライアン、兄と再会した時、
めずらしく照れ恥ずかしさを見せ、
どこか気恥ずかしくて"モジモジ"していたライアンだったけど、
数分後にはすっかり元の人懐っこいライアンに戻り、
私達のことはそっちのけで、
兄に集中攻撃で

遊んで・遊んで

だいしゅき・だいしゅき 攻撃で、
側で見ている私たちを大爆笑させてくれたライアン。


大満足したライアンは兄に抱っこされて
ご満悦の表情
IMG_4966_201506220727594e8.jpg


1時間ほど我が家で ゆっくりした後
「ライアン、今度はお盆に来るから その時は一緒に散歩しような」と
声をかけながら、
ライアンの頭を"くしゃくしゃ"となでて、帰っていきました。


お兄ちゃん、
父へのお見舞い、
そして、
ライアンとも遊んでくれて ありがと~



ん~・・・兄妹って やっぱりいいな~





ではでは、
これから母を迎えに行って 父のもとにいきましょう。


2015_06
19
(Fri)21:30

これからは のんびりと。

    いつもご訪問・拍手 ありがとうございます。





IMG_4899.jpg



昨日、6月18日
父の胃癌摘出手術を迎えることができました。

予想されていた時間どおり、
五時間ほどで無事に手術は終わりました。

手術が終わった後、
担当医師からの説明がありました。

「一ヶ月以上が経過していたので、
癌は進行していて、大きな癌細胞となっていました。
切除したのは
胃の2/3~小腸の入り口周辺で、
きれいに癌細胞を取り除きました。
しかし、
胃癌にかかわらず、
どの部分にも癌が発生するとリンパへの再発は考えられます。」
とのことでしたが、
そのことは、
胸の中にとどめておきます。

合併症による後遺症も残ることなく、
全身麻酔から覚めた父の意識はしっかりとしていたので、
麻酔から目が覚めたのちに、
父と少し言葉を交わせたときには 
付き添いに来ていた皆が胸をなでおろし ほっとしました。

心臓のカテーテル手術
そして、
1ヶ月後の昨日、癌摘出手術。。。
父は本当に よく頑張ってくれました。

これからもガンバっていかなくてはいけないことはありますが
これからも父には前向きな気持ちを持ち続けてもらい、
私たち家族も これからも父の差さえとなり、
ひとつの大きな温かな輪の中で 
父には これからは ゆっくりのんびりと生活を過ごしてほしいと思います。



父は今日の昼過ぎに
HCU室から個室部屋に移動することができました。
明日までベットの上で安静ですが、
傷口の痛みが和らいできたら、
担当医師からの許可が下りて、
看護士さんから「歩きなさい・歩きなさい」と言われるそうですよ



FC2ブログを通じて、
私の父の事を綴らせてもらったことで、
ご心配をおかけしましたが、
気にかけてくださり、
励ましのお言葉をくださいました皆さまへ、

ご心配おかけしましたが、
父は大きな手術を無事に終えることができました。
ありがとうございましたm(__)m

これからは
焦らずに回復に合わせ歩みをゆっくりとと思います。





目を通してくださり ありがとうございました。





IMG_4922.jpg

そして。。。
ライアンも ありがとうね~
2015_06
13
(Sat)09:51

いよいよ来週です。

      いつもご訪問・拍手 ありがとうございます




お久しぶりです。

前回の更新から1ヶ月が経ってしまいました。

前回のブログ内容で、
ご心配をおかけしてしまいましたが、
FC2ブログでのお友達
ライアンを通じてのお友達の方々から、
お気遣いのお言葉
励ましのお言葉をいただきましたこと。。。
本当にありがとうございましたm(__)m

そして、
この1ヶ月の間でも、
ご訪問してくださっている方々
拍手を残してくださっていた方々
そして、
気にかけてくださり、
励ましのコメントを添えてくださった方々、
ありがとうございましたm(__)m

頂きましたお言葉を胸に、
そして、
現実を受け止めて、
私にしてあげられる親孝行に務めさせてもらっています。

しかしながら
心配してくださる方々、
気にかけてくださっている方々がいてくださるので、
少し、ご報告させていただきますm(__)m


5月に受けた検査、
「胃」以外の、「大腸」 「心臓」の詳しい検査をしてもらったところ、
大腸は問題なかったですが、
心臓の3本の太い血管のうち、
その中でも最も大事な血管の一本に、
2か所程、細くなりつつ部分が見つかり、
胃の手術も急がねばならない状態ではあるのですが、
ここは先生同士の話し合い、
そして、
先生と私たち家族を含めての話し合いをして、
選択は非常に難しく・悩んだのですが、
どう考えても やはり最初に心臓のカテーテル手術が大優先となり、
父は、
5月18日に心臓のカテーテル手術をしてもらいました。

心臓の手術は
後遺症も残ることなく、4日後に一時退院することができ、
父は、
3週間 家で過ごしていました。

日常生活には とくに問題はないので
無理をされない程度に体を動かしていいと言うことでしたので、
体調のいい日は、
母と二人、畑仕事をしたりして、
少しずつ体を慣らしていきましたが
退院後の1週間ほどは 気力がわかないようでしんどそうでした。

私はと言うと、
父は少し血糖値の数値が高めだったので
その数値を少しでも平均値数に近づかせることと、
6月中旬の胃の手術に備えての体力づくりにと、
父の夕食を毎日 作りに行っていました。

一時退院してから1週間後に
病院で診察があったのですが、
採血では血糖値の数値も下がっており、
その頃には、
父の身体もようやく日常生活に慣れはじめ、
顔色もよくなり、
無理をすることなく 
時おり体を動かしながら 穏やかに日々を過ごしてくれていて、
また 笑顔も見られるようになりました。



そして父は、
6月11日に再入院して、
来週の半ばの胃の手術に備えています。



11日に再入院した時に、
来週におこなわれる胃の手術の説明を担当医師から
お話がありました。



父の胃にできている癌細胞は2つあります。

どちらも胃の下部分にできていて、
一つは小さい物で、胃の中にできているものなのですが、
もう一つの癌細胞が、
胃の下部分から小腸入り口周辺にまで広がっていて、
この癌細胞摘出がとても厄介とのことです。

すでに
胃に癌が見つかってから1ヶ月以上が経っていますし、
本当ならば
6月4日に胃癌摘出手術だったのですが、
それまでの詳しい検査で、
心臓の血管が細くなりつつあることが分かったために、
どうしても心臓の手術が大優先との決断となり、
胃の手術は
心臓手術を終えて、
1ヶ月後と日を伸ばさざるおえなかったのです。。。

1ヶ月以上たってしまっているため、
今現在、
癌細胞がおとなしくしてくれていて進行していないか!?
それとも
ジュワジュワと進行し続けているのか!?。。。。。。。
案じ・心配するところです。

しかし、
お腹を切って開いてみないことには わからないことで、
胃の下部分から小腸入り口周辺にできている癌であるだけに、
その癌が
背中部分にある膵臓にまで転移していないかが危ぶまれ、
もっとも案じるところで、
父を含めて医師からの説明に顔の表情もこわばりましたが、
担当医師からは 
困難な手術になること、
そして、
細心の注意をはらって慎重に手術をおこなってまいりますが、
のちに、転移する確率があることも はっきり言われています。

とにかく今は、
お腹を開いてみないことには なんとも言えない事であり、
しかしながら
現実は非常に難しく・困難な手術になることも
しっかり受け止めなくてはならないのですが、
今現在の父の容体は、落ち着いていますし、
食欲も落ちていないし、激しい痛みもありませんし、
顔色もとてもいいですし、
胃癌手術に向けて体調が安定しているのが心の救いです。

私も
毎日 母を里に迎えに行き、
母と共に入院している父のもとに行っています。
来週の手術まで、とくにこれといった検査も無いので、
父は退屈気味ですが、容体は安定しています。

手術が上手くいき、
食事も上手に食べれるまでに回復すれば、
早い人で1ヵ月間で退院できるとも聞いています。

父が入院している間
母と私は、
栄養士さんから 色々と教えてもらうこと・勉強することもありますが、
今はとにかく
来週の手術を迎え、無事に手術を終えて、
合併症による後遺症も残らない事を、祈るばかりです。





2015061114060000.jpg
これは↑
父の病室に飾っている家族写真とお守り
そして、
関東に住む妹親子・二人の孫から、
じぃ~じへのお手紙とお守りの鶴折り紙を飾っています

父にとって 
大きな励みになっていることと思います。

無事を祈ることしかできないけど、
皆の心は 父の側にいるからね。
支えとなるからね。

   頑張ろうね お父さん。








そして、

私達の心を支えてくれる最愛のライアンですが、
とっても私たちの心の支えとなってくれていますよ。

お留守番の回数も増え、
また
お留守番の時間も長く伸びましたが、
お留守番の時は
本当に良い子で 私の帰宅を待ってくれていますし、
元気いっぱいに
愛くるしい表情で私たちを和ませてくれています。



それでは
先月7ヶ月を迎え、
現在のライアンです。



IMG_4579.jpg








ねぇ~ライアン こっち向いて
IMG_4777.jpg
IMG_4776.jpg








IMG_4869.jpg
とっても 愛くるしくて かわいらしいでしよ~



ライアン~。。。。。
寂しい思いをさせてしまっているけど
いっつも いっつも ホンマに ありがとうやで~
ライアンが側に居てくれて 
私たちの心は救われて、
ファイトを ん~っともらってるからね

       これからも 頼んます 






時として。。。
笑顔がこんなにも難しく思えることがあるけど、
父や母の前では 笑顔を欠かさないように心掛けようと思う。



「笑顔」。。。

笑顔は 自分自身にとっても、とっても大切なこと


私のモットーである 「口角あげて~ファイティン♪」 で、
今日も これから母を迎えにいって 父のもとに行ってきます。






今日のブログで、
また ご心配おかけしてしまうかと思いますが、
父への想い、
これからも 父に寄り添って 
父と共に歩んでいくことには変わりはありませんし、
心は前向きに持っていますので、
どうか。。。心配しすぎませんように。。。。

どうか そっと温かく祈っていただけたら・・・と思います。



そして、
大切に想う仲良くさせてもらっているお友達の方々の
ブログにも 長く遊びに行くことができていませんが、
本当に 申し訳ありません。


行くことができる時には ブログの方に遊びに行かせてもらいますので
その時は よろしくお願いします






それでは。。。。。
勝手ながらのブログ更新ですが、
目にしてくださる方々も お身体は大切にされて、
お元気で日々過ごされてくださいね。



IMG_4794.jpg






それでは。。。またいつの日かに